ノロウイルスの消毒方法(塩素消毒ほか)

会社・学校や家庭でノロウイルスの感染者が出た場合、嘔吐物や糞便等にノロウイルスが含まれており、二次感染の恐れがあります。ノロウイルスの感染を広げないためにも正しい処置が必要です。厚生労働省のホームページを元に、ノロウイルスの処理を明記します。

塩素消毒の方法

次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて「塩素消毒薬」を作ります。なお、家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤(スーパーや薬局で手に入ります)でも代用できます。次亜塩素酸ナトリウムは皮膚に直接ついたり目に入ると危険です。ゴム手袋やゴーグル等を使用しましょう。

食器・環境・リネン類などの消毒
  • 感染者が使ったり、嘔吐物がついたものは他のものと分けて洗浄・消毒します。
  • 食器等は食後すぐ、厨房に戻す前に塩素消毒薬に十分浸し消毒します。
  • カーテン、衣類、ドアノブなども塩素消毒などで消毒します。(次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性があります。金属部(ドアノブなど)消毒後は十分に薬剤を拭き取りましょう。)
  • 洗濯するときは、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いし、十分すすぎます(85℃で1分以上の熱水洗濯や、塩素消毒薬による消毒が有効です。高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果が高まります)。
嘔吐物などの処理

患者の嘔吐物やおむつは、次のような方法で速やかに処理し、二次感染を防止しましょう。ノロウイルスは、乾燥すると空気中に漂い、口に入って感染することがあります。

  • 使い捨てのマスクやガウン、手袋などを着用します。
  • ペーパータオルや凝固剤等で静かに拭き取り、塩素消毒後、水拭きをします。
  • 拭き取った嘔吐物や手袋などは、ビニール袋に入れて密封して廃棄します。その際、できればビニール袋の中で1000ppmの塩素消毒薬に浸します。
  • しぶきなどを吸い込まないようにします。
  • 終わったらていねいに手を洗います。